2006-09-05

讃岐人









ラーメン屋よりもうどん屋の方が多かった高松
蕎麦屋よりもうどん屋が多かった高松。
毎日うどんでも飽きなかった高松時代

そんなうどんの国で18年育った僕にとって
うどんはかなりのソウルフード

ちょいと町から離れると本当に看板もない掘っ立て小屋で打ってるところもあれば
畑のど真ん中にぽつんと打っている店もある。
台風が来たら飛んでいきそうなぼろ小屋
本当に様々
食べ方も同じ香川でも東西南北で全く違う。

高松に住んでいたときはさほど気にも留めなかったのだが
ここ最近四国から遠く離れてしまい、
無償にうどんが恋しくなることがある。
そんなときは仕方ないから蕎麦屋で我慢するが
やはり納得いかない。


あのうまさ
あのはやさ
あのやすさ
あの麺のエッジ
あのこし
あのだし
あの立ち食い
あの待っている時間

高校のころ休みになるとちょいと離れまで行っていた。

熱々のうどんを思い描きながら書いていてよだれが出てくるぜ。。。コンチキショー

「おばちゃんかけだいね」
「140円」(一玉70円)
「おおきに」


ジャバジャバ シャッシャ←湯きり

ジャバジャバ ←出汁

「おばちゃんねぎないで」
「うらからとってきて」

チョキチョキチョキ
パサパサ ←ねぎ多めに

フーフー
ズルズルズル ハフハフハフ
ズルズルズル ア??
ズルズルズル ゴクゴクゴクゴク
プッハー

「ごっそーさん!!」
「おおきに!!」



あ????!!
うどん食べたい。。。。



ちなみに香川に行くなら外観の綺麗なうどんやより
ぼろいところを探そう 綺麗な方も決してまずくはないがやはりぼろいところの方がうまい!!

うどんも十人十色
自分のオススメを探しておくれ

浅草浅草
沖縄沖縄